雨漏り調査後はサイディングの防水対策

屋根からの雨漏りは瓦の雨漏り調査が必要

サイディングの防水対策は大きく分けて3種類

雨漏り調査後、修理を依頼するようになった時のためにも、用語をチェックしてみましょう。

工法の違い

張替え
文字のごとく、サイディングを全面新しいものへと取り替える方法です。古いサイディングを剥がして新しいものを張り替える方法と、古いサイディングの上から新しいサイディングを重ね塗りするという2つの方法があります。重ね塗りをする場合、古いサイディングの劣化が激しい場合には使えません。サイディングの防水対策の中で、もっともコストがかかります。
塗装
古いサイディングの上から新しく外壁塗装を行う方法です。相性の悪い塗料の知識や経年劣化で塗膜が膨れたり、剥離したりしてくることがあります。施工する人の技術が反映されるため、業者選びの際には注意が必要です。また、元々のサイディングのデザインを活かす場合には、透明の塗装をするのが一般的です。
シーリングの加工
サイディングボードの継ぎ目であるシーリングがひび割れ、その部分から雨が入ることで急速に劣化します。古いものを剥がして新しいものを打ち直す方法と、古いものの上から新しいシーリングを打つ2つの方法があります。サイディングは比較的劣化が遅いため、重度の劣化がない場合には、シーリングの加工だけで済む場合があります。

サイディングの防災対策法は様々ありますが、どれが最適であるか、住宅の劣化の状態などを見極めて決めることが大切です。

塗料にもこだわる

防水機能が高い塗料や塗膜がひび割れに追随し、雨水が入るのを防ぐ効果がある弾性塗料を防水塗料といいます。住居の内部へ水が浸入すると、みるみる住居は劣化してしまいます。その為、劣化を防ぐためにも塗料選びが大変需要なポイントとなります。下地との相性の知識なども重要なため、業者選びもしっかりとリサーチして行いましょう。

TOPボタン
サイディングの防水|外壁の雨漏りリスク【サイディングでも必要な雨漏り調査と防水対策】