雨漏り調査が必要になるサイディングの劣化状態

屋根からの雨漏りは瓦の雨漏り調査が必要

サイデイングの劣化症状

外壁の状態を知っておくことが雨漏り対策や雨漏り調査に役立ちます。サイディングの劣化とは具体的にどういった状態なのでしょうか。

一目で分かる劣化症状

カビ・藻
耐久性に大きな悪影響があるわけではない劣化がカビや藻の発生です。日当たりの具合などでこのような劣化は起きやすいものです。耐久性というよりも、見た目が悪いという意味での、サイディングの劣化症状だと言えるでしょう。
サイデイングボードの反り
経年劣化するとサイディングボードが反って、手前にせり出してしまうことがあります。無理に戻して止めようとすると、割れてしまうこともあるため要注意です。反っている部分に釘がある場合は、釘のまわりから亀裂が入ってしまうこともあります。
ひび割れ
経年劣化でサイディングボードの表面に細かいひび割れが入ることがあります。特に寒い地域では、ひび割れから水分が入り、氷になる時に体積が増えることでサイディングボードを破壊してしまい、ひび割れるケースもあります。
色あせ
見た目的によくわかるのが、外壁サイディングの色あせです。これは、新築のころより白っぽい色になるケースがあります。ボード生産時の塗装の質や、新築時の塗料の上塗りに色ムラがあると色あせにつながることがあります。
チョーキング
長期間にわたる雨風や強い紫外線の影響で、外壁に塗装された樹脂が粉砕され、外壁の表面に付いている状態です。手で外壁を触ると、チョークの粉のような白い粉が付きます。塗膜のはがれにつながるため、高圧洗浄でしっかりと洗い流しておく必要があります。

サイディングはあくまでも一次防水

男女の作業員

雨漏り修理のひとつとして、シーリング工事などの一次防水という雨の侵入を強制的に止める方法があります。一方で、一次防水でも止めきれなかった雨などを住居の外部に逃がすための構造副資材の事を指す二次防水があります。サイディングの防水対策は、あくまでも一次防水でしかなく、より効果を高めるためには、二次防水を踏まえた対策が重要です。

TOPボタン
劣化症状の一例|外壁の雨漏りリスク【サイディングでも必要な雨漏り調査と防水対策】